ブログ内検索
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード
フリーエリア

 全1ページ
このページのリスト
--.--.--   カテゴリ:《 スポンサー広告 》
  スポンサーサイト
2008.08.24   カテゴリ:《 news 》
  初盆を終えて
2008.08.07   カテゴリ:《 Diary 》
  変わりゆくもの
2008.08.05   カテゴリ:《 Diary 》
  悪あがき
2008.08.02   カテゴリ:《 Diary 》
  院展製作も大詰め

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.08.24    カテゴリ:  news 

   初盆を終えて

Kazyoshi Talk  

皆様、御無沙汰しておりました。
息子と二人、無事初盆を終えることができました。
これも日頃皆様方よりのご支援の賜物です。
お参りいただきました皆様、妻も大変喜んでいたことと思います。
誠にありがとうございました。
厚く御礼申し上げます。

さて、今秋の院展出品作品の制作についてですが、
妻の四十九日を終えてからすぐに取り掛かりました。
初盆を控えていたこともありますが、なにより妻がいない寂しさから逃げたかったのです。
ですが、どこに現場写生にいっても妻の影を探してしまい涙がとまりませんでした。

春の作品は、クリーク岸に生えたナンキンハゼの枯葉が水面を漂う中、
2羽のカモ(つがい)が寄り添っている風景を描きました。

今回の入選作品はこの作品をもとにした150号の大作です。
カモが5羽増えて7羽になりました。
春の作品は私と妻を描きましたが、
増えた5羽はいつになるか分からない息子の家族です。
3羽の孫を抱ける日を気長に待ちたいと思います。

とにかく、私には絵の道しかありません。
同じく早くに奥様を亡くされた横山大観先生に倣い、
私も画業に邁進してまいりたいと思います。
どうか皆様、今後とも私たち親子のことを
よろしくご支援賜りますようお願い申し上げます。


Kazuhiro Talk

更新が遅くなりました。
初盆を終え、静岡に戻ってまいりました。
11月の個展までの3か月間、
また親子二人離れての生活です。

帰省中はお参りいただいた皆様から
嫁取れ口撃の集中砲火を浴びて撃沈気味でした。
父からも作品を通してのプレッシャー・・・
蜂の巣でした。

父はひと先ず元気です。
SBSH0791.jpg 
静岡に戻る前、
よく両親二人でデートに来てた福岡県秋月の葛屋
廣久葛本舗 十代木久助
http://www.kyusuke.co.jp/index.html
に父といってきました。 
佐賀を離れるまでは私も交えてよく3人で来たものです。
母の病気がわかる直前にも・・・。
この日も、きっと母はいつもどおり私の隣に座って
一緒にくずきりを食べたに違いありません。
 
父はおいしそうにくずきりを頬張ってました。
食も大分すすむようです。
息子の私より胃がデカイのではないでしょうか・・・。
少し控えてほしいくらいです。

それからお礼参りに近くの
筑前秋月和紙処さん
のところにも寄らせてもらいました。
http://www.crossroadfukuoka.jp/sangyokanko/view.php?type=sdetail&cpid=46

4代目御当主のブログをご紹介します。
http://akizukiwashi4daime.seesaa.net/

かわいいお嬢ちゃんがジュースをはこんでくれました。
個展が終わったらまた秋月に行きたいです。
母と共に。

 

 

スポンサーサイト

2008.08.07    カテゴリ:  Diary 

   変わりゆくもの

Kazuhiro Talk

明日の午後ようやく帰省します。
しかし、その前にやっつけてしまわないといけない論文修正に血眼です・・・。

昨晩、近所の『さかな屋食道』に行きました。
ここは親子三人の思い出のあるお店です。
私の大学入学手続きで母と一緒に来たり、
その後父も合流して3人で来たり、
父の個展を静岡で開いたときにも毎晩きました。

ここのまぐろ刺身定食、やすくておいしいんですよ。
さすが静岡です。

この店に最初に母と入ったのが、もう10年半も前になります。
あれから10年、店のオヤジさんが21世紀目前に亡くなり、
それからおばちゃんがしばらく一人で切り盛りしていました。
今は中国人らしいバイトの子が一人。
おつりをバイトの子から受け取るとき、
ふと、変ったんだな~としみじみ思いました。

ボロボロの自転車で、
日本平から続くゆるやかな傾斜道を重力にまかせて下っていると
ポロリ涙がこぼれました。
何で母は二度とこの店のマグロを食べれなくなってしまったんだろうって
生暖かい風が私の体を撫でていきます。
母がポンと肩に手を置いた気がしました。

野草の擦れ合う音、虫の鳴き声、近所の子の笑い声、
変わらないもののようで、でも実はすべてのものごとが常に変化してるわけで
目前のあたりまえをまだ素直に受け止めきれない自分をはっきりと認識しました。

盆前に早く帰ろうと迎えにきたのか、ここのところ毎日鮮明に母の夢を見ます。
相変わらずそそっかしい母、いつも守ってくれる母、掃除オタクな母、
明日一緒に佐賀に帰ろう。

関連リンク
樹水庵
タイケンダー
とけねこブログ

2008.08.05    カテゴリ:  Diary 

   悪あがき

Kazuhiro Talk

父の院展製作
とりあえずの完成を見てから
最後の問答を始めたようです。
ここからが絵かきとして面白いのでしょう。
仕上げの苦悩を楽しむということが、
どんな仕事においても快楽なはず。
解はあるようで無いというのが宇宙の真理だと考えますが、
それでも解を求め続けるのが人間らしくて良いのだと思います。
私も帰省前に片付けないといけない論文が・・・。
アイスのように溶けたネコを横目に、目を血走らせております。

樹水庵
タイケンダー(←コピーライターの仕事も片手間にやってます。)
とけねこブログ

2008.08.02    カテゴリ:  Diary 

   院展製作も大詰め

Kazuhiro Talk

皆様、暑中お見舞いもうしあげます。母が生前かわいがってくれた
我が家(静岡)の愛猫(猫又)カルビもダラダラ、ドロドロにとけています。
http://tokeneko.eshizuoka.jp/


我が家は父が初盆の準備を叔父の協力で終え、
現在は院展出品作品の最終調整段階に入っております。
私が静岡に戻ってから、ほぼ毎日父と電話するようにしているのですが
さすがにここ数日は波に乗っているらしく
電話することも忘れてキャンバスにむかっているようです。
いつもは人の仕事中にたわいもない電話をかけてくるのに・・・。

私も早く佐賀に戻るために仕事を片付けていますが・・・
なかなか・・・。

今年は久々に家族3人揃ってのお盆になります。
情けない話ですが、これまでは忙しさにかまけて
先祖供養も疎かにしておりました。
まさかこんな形でお盆を迎えるなんて、
当分先の話であると思っていたのですが。
母が飛んで帰ってこれるように早く帰省しなければと思います。

父の春の院展作品、そろそろ掲載しないといけませんね。
すみません、ちょうどよい画像がなく、佐賀で再度写真をスキャンしてきます。

それでは、みなさまお体に気をつけてこの夏を乗り切ってください。
暑いのは当たり前、クーラーを使いすぎずに体を強く保ちましょう!




Copyright © Artist of Japanese Painting. Kazuyoshi All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。