ブログ内検索
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード
フリーエリア

 全1ページ
このページのリスト
--.--.--   カテゴリ:《 スポンサー広告 》
  スポンサーサイト
2009.02.09   カテゴリ:《 Diary 》
  もう2月ですね

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.02.09    カテゴリ:  Diary 

   もう2月ですね

Kazuhiro Talk 

今日、銀行での待ち時間に
たまたまおいてあった美術本を手にとってみました。
ベル・エポック時代の作家の作品集でした。

その中で、 モネの絵と氏直筆の手紙に目がとまりました。
特に手紙の字が気になりました。
流れるような文字は決してキレイではありません。
しかし、モネの感情が音楽の譜面のように表れていて
行が上下に踊っていました。
 氏がどれだけ好奇心にあふれ情熱的な人であったかが
よく表れているようでした。
どことなく、氏の自然に対する姿勢にダ・ヴィンチの影がちらり。
モネは印象派ですが、科学者的な匂いもぷんぷんします。

踊るような曲線・筆運びは、
みる者の心を一瞬にして鷲掴みにし、
お前も一緒に踊れよと揺すってくる。
本物の巨匠の域に達した作家にしかできないこと。
守破離の流れすらぶっ飛ぶ氏のスタンス、スタイルは、
作品を通してただ純粋に『一緒にこの景色を楽しもうよ』
と語るものではないでしょうか。
『どうだ、俺の絵はすごいだろう』といった
作家の欲が感じられません。
ただただ、『すごい』といつも思います。

そういえば、先日父が佐賀新聞に
取り上げていただいたようです。
私はまだ読んでいませんが。
この手の取材を受ける際は、
いつも母が対応していました。
今回は父自ら原稿を綴ったようですが、
だいぶ編集者の方に訂正されてしまったと
頭をボリボリ掻いていました。
やっぱり、父には母の支えが
まだまだ必要だったのだと改めて感じたのでした。

スポンサーサイト


Copyright © Artist of Japanese Painting. Kazuyoshi All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。