ブログ内検索
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード
フリーエリア

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.10.23    カテゴリ:  Diary 

   充実した制作ができています。

 Kazuhiro Talk

制作経過の報告です。
2日に1点のペースで順調に描き上げているようです。
波に乗っているようで、
制作に集中しているお蔭で
いらぬモヤモヤを抱えずにすんでいる模様です。
肉体的には疲労しているようですが
まあ、久保田のど田舎で百姓の倅として育ったタフマン
ちょっとやそっとじゃくたばりません。

さて、話は飛びますが、
先日、面白い論文を見つけました。
1994年の古いものですが、
東大農学部の演習林が報告した造園学系の邦文です。

タイトルは
『日本画の手法を用いたコンピューターグラフィックス
による森林風景の再現』


内容はふる~~いものでしたし、
日本画とも大分かけはなれたモデル理論のように感じましたが、
冠の『日本画』の部分を排して読めば
なかなか面白いモデルかと。

明るさや色合いを距離の関数として
単純に1本の線(モデル曲線)で表現しているところは、
主観的風景の導出の幅を極端に狭くしてしまっているけど、
作家の個性みたいなものになるんでしょうか。

日本画の手法としてモデルに組み込まれている
『遠くなるほど淡く、青くなる』という部分は変な話で、
青くってのは余計ですね。
まっ、これも作家の数理物理的個性なんでしょうか。

とにかく私と同属の林学分野の人間が
こんな論文書いてるだなんて面白いじゃないですか。
せっかくだから英文で海外のジャーナルに投稿すればよかったのに。
なんで東大の学生なのに英語で書かないんでしょう。
私なんて邦文で書きたくてもボスに許してもらえないのに。

***************************
秋の小品展開催中!
[会場] 
三田川町豆田
ギャラリー・アートエル

[期間]
10/20~11/1

***************************

11月11日からの個展のために8日頃には帰省予定ですが
私は明日から国際シンポジウムの係員として
5日間召集完全拘束されることになりました。
26日には海外の研究者を引率して富士山へ・・・
SBSH0648.jpg 
ああ、自分の仕事はいったいいつやればいいのでしょう・・・。

スポンサーサイト






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © Artist of Japanese Painting. Kazuyoshi All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。