ブログ内検索
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード
フリーエリア

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.11.07    カテゴリ:  Diary 

   手を合わせて

Kazuhiro Talk

もう冬の始まりですね。
富士山では雪がちらほら。
SBSH0703.jpg 

宝永まで走ったら死にそうになりました。
凍ってしまいそうでした。

SBSH0717.jpg

そんな富士山を父は今回作品にしたとかしないとか
どんな富士山を描いたのか山男としては興味深々です。
いよいよ2008年西岡一義日本画展も来週から。
いろいろ準備しないといけないことが・・・。

さて、山に登るとき
必ず山神様に手を合わせます。
山男の常識的礼節です。
先日も朝から後輩に泣きつかれて上阿多古の観音山に行ってきました。
相手は観音様、なおさら手を合わせてからの入山。
踏みつけてしまってごめんね、ムラサキシキミ達。

実験圃場の30mギャップ・スギ林、
間伐跡の切り株が枯死してコケが生えています。
上を見上げればポッカリ快晴の空が広がっていて、
まるで円形脱毛症の地肌の上です。
地面からはグイグイと空に向かってパイオニア種が伸び、
ギャップ地は彼らの植民地と化しています。
そう、死とは再生への入り口。
昨日母のことを思い出して涙しても、
今日自然がその意味を教えてくれる。
この世界はうまくできていて、全てはつながっている。
巧みな摂理によって織り込まれたこの世界を、
人は肌で感じ取ることができるわけです。 
すばらしき世界に乾杯!
というわけで、ワイン飲んで寝ます。

スポンサーサイト






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © Artist of Japanese Painting. Kazuyoshi All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。