ブログ内検索
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード
フリーエリア

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.11.14    カテゴリ:  Private Exhibition 

   3日目とんで4日目終了

20081115091622
20081115091620
20081115091617
20081115091614
20081115091612
20081115091608

Kazuhiro Talk

今日は花の金曜日
昨日今日と遠路はるばる遠い所から沢山のご来場を得まして
お蔭様で賑わった個展となっております。
では、今日はそろそろ作品の紹介といきましょう。
第1回目は我が家族にとって思い出深く、
今回の個展のメインであります。
「晩秋のみなも」
についてです。

この作品は2008年春の院展入選作品です。
3月末に亡くなった母の最期の入院直前から制作をはじめ
亡くなる3日前に入選報告ができたとう裏話がありました。

母は一時退院して家にいる頃から
自分の病気のせいで父が絵を描けなくなる事を
何より気に病んでいましたから、
入選したと聞いてビックリを目を丸くして喜びました。
2007年の秋の院展は出品できなかったものですから
父も母を心配させまいと、いろいろイライラしながらも
必死でこの絵を描いたのです。
私がもっと佐賀にいてサポート出来たらよかったのですが、
父には大変な苦労を掛けてしまいました。
しかし、父は逆境を跳ね除けてこの絵を描ききりました。
その結果の入選です。
私はこの入選を今までで一番誇りに思っています。

この絵には2羽のヒドリガモがいます。父と母です。
この絵には父が母へのありったけの想いを描き込んでいます。
今思えば、1羽の母カモが薄く周りの色に溶け込んで
消え入りそうなところに父の危惧と苦しみが現れていたのかなと思います。
考えすぎでしょうか・・・。

しかし、一つ問題が有ります。
二人の愛の結晶であるはずの、
肝心な息子カモがいないではあ~りませんか。
どこいってしまったんでしょうね。
出品直前に息子がいないじゃないかと父に文句をいったら
「静岡のため池に飛んでっておらん!」
とグサリ!痛い・・・。
まあ、こんな一家ですから辛い思い出にも明るく色を付け足しております。

でですね、今年も個展作品の中に鯉の絵が2作品あるんですが、
その絵も2匹の作品と1匹の作品で息子はのけ者なんですよ。
父に「ちぇっ!」と言ってやりました。
こちらの話は明日にでも。

つづく・・・

写真は二枚ほど横向きになっちゃいました。画面か頭を横に傾けてお楽しみください。

スポンサーサイト






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © Artist of Japanese Painting. Kazuyoshi All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。