ブログ内検索
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード
フリーエリア

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.11.14    カテゴリ:  Private Exhibition 

   お蔭様で

Kazuhiro Talk

お蔭様で父の個展を盛況のうちに終えることができました。
このようなご時世の中、大変ありがたいことに展示作品はほぼ完売いたしました。
画業30数年において初のことでして、
またお越しいただいた数多くのお客様から『絵に深みが増した』とのお褒めの言葉を頂戴したようで、
絵描き冥利に尽きると喜んでおりました。
毎年全作品新作でのぞむ個展は、父にとってもっとも厳しく気の張り詰めた修行の1週間です。
この1週間のためにさらに2ヶ月半かけて小品を制作します。
制作にあたっては、院展作品の出品直後から新たにスケッチを重ね、アトリエに篭ります。
この個展とはまさしく『行』の場でして、私も3回ほど父と二人で会場に詰めましたが、
それはもう生きた心地のしない日々でした。
生活も掛かっていますし、絵描きの本分である腕を磨けたかどうかの評価を浴びる場でもあります。
玄人受けする絵としてすばらしいものばかり描いても食べていけない。
かといって万人受けする絵ばかり描いていては絵描きとして駄目になる。
父は様々な葛藤を抱えながら作品を描いています。
とても偏屈な父ですが、私はこんな厳しい世界で口をへの字に曲げながらもしっかり生き抜く父を心から尊敬し、誇りに思っています。
そして、そんな父の画業を見守り育ててくださる佐賀の方々に厚く御礼を申しあげるとともに、
これからしっかり恩返しをしていかなければと思うのでした。
皆様、本当にいつも父のことをご指導いただきましてありがとうございます。
遠き駿府の地にて、放蕩息子より。

http://www.facebook.com/media/set/?set=a.243950408992536.71767.197211146999796&type=3
スポンサーサイト

2011.11.07    カテゴリ:  Private Exhibition 

   2011年 個展のご案内

Kazuyoshi Talk

また永らく放置しておりまして大変失礼しました。
今年も無事に個展を開催できるはこびとなりました。33点ほどの新作を揃え、皆様のお越しをお待ちしております。
お近くの方、是非お立ち寄りください。よろしくお願い申し上げます。

2011.04.07    カテゴリ:  Diary 

   親父様 静岡にやってくる

久々の更新で失礼します。
東北大地震において亡くなられた多くの皆様のご冥福をお祈りするとともに、被災者の皆様にお見舞い申し上げます。

つきましては、今月24日より三田川にありますギャラリーにてチャリティー小品展を開催いたします。収益の全てを義援金として寄付したいと考えておりますので、皆様のご来場とご理解、ご協力をお願い致します。詳細は後日改めてご案内申し上げます。

また、本ブログにおきましても、遠方にお住まいの方にもチャリティー小品をご購入いただけるようにしたいと考えております。準備が整いましたらこちらの方も早急にご案内申し上げます。

さて、今月1日より父が静岡にやってきました。嫁さんのご両親との顔合わせのためです。んまー、ベラベラと聞かれもせん事をしゃべる事しゃべる事。美味しいお寿司いただきながら、どうやってこの口塞いでやろうかと考えてました。顔合わせの日の前後で富士山周辺や久能山なんかを案内しまして、たくさん写真を撮っていきました。

まずは駿府城のお堀で桜をパチリ。

次は富士山。

いろんな角度から違う顔を見せる富士山をパチリパチリパチリ。

最後は久能山でしたが、えー、良い子のみなさんは真似しないで下さいね。

怒涛の4日間でしたが、それなりに満足して帰っていった模様です。
いい作品を描いてくれる事を期待します。

2011.01.27    カテゴリ:  Archive 

   個展作品2009その1



ちょっと写真が曲がってますがあしからず。ここ数年の個展作品に多い題材です。以前の父は黒を使いきれず、この手の絵を描くとべたっとした奥行きにかける、平面化とも違う半端な作品に仕上がっていました。
しかし、息子としてはここで終わって欲しくありません。この手の絵、受けはいいのですが、私は父の行き着くところここにあらず、と思っています。写実的過ぎると。もっともっと突っ込んでいって、ここから離れて欲しいです。
頑張れ親父殿!

2011.01.17    カテゴリ:  Diary 

   2011始動

Kazuhiro talk

遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。
本年も御愛顧頂きますようお願い申し上げます。



写真は昨年の個展の案内状です。
南風 20号
さて、今年はどんな風が吹くやら。
実は、私この5月に結婚が決まりまして、まあ後ろからでっかいビッグウェーブが押し寄せて来ております。ビビってもしかたないのでこの波上手く乗っかりたいです。
母が抜けて淋しかった我が家も、お陰様で新たな家族を迎えだいぶ賑やかになりそうです。
父共々お世話になっている皆様に日々感謝、ありがとうございます。
改めましてこれからもよろしくお願い致します。

2010.12.08    カテゴリ:  Diary 

   還暦祝い

KazuhiroTalk

明日の夜から日曜まで帰省します。
相方はドキドキしているようです。
ドキドキされるには少々申し訳ないくらいのキャラを持ったおやじ様なのですが・・・。

さて、そんな親父さまですが今年は還暦でして、ちゃんとお祝いできていなかったので、明日の夜小じんまりとお祝いしようかと思っております。
で、プレゼントにSoftBankのフォトヴィジョンをさっき買ってきました。
遠く離れて暮らしているので、こちらの顔や状況を逐一知らせられるようにと思いまして。ほんと便利な世の中になったものですね。
なんの写真を入れてやろうかニヤニヤしちゃいますねぇ~。ニヤリ。
まあ、どうせ我が愛猫カルビの寝顔が大半を占めることになるのでしょうが。
いかんいかん、当初の目的を見失わないようにしないと・・・。
では、また。

2010.11.28    カテゴリ:  news 

   友の幸せから考える事

Kazuhiro Talk

今日は高校の友人の結婚式で日比谷にある松本楼にいってきました。
新郎新婦共に致遠館の同期でして、本当に幸せそうでじ~んとくるいい披露宴でした。
二次会では高校の先輩とも久々に再開することができましたし、
新しく先輩とお近づきになることもできました。
終始佐賀弁の大合唱でなんの宴会か?というくらい盛り上がりました。
やっぱい佐賀んもんの集まっぎやかましかですね。
ラテン系九州人二人の未来に幸あれ!

さて、次は私の番ですかね・・・。
そろそろそういう話になってきました。
西岡家の欠員をそろそろ補充しないといけませんしね。
ただ、悩んでいることもあります。
お相手が佐賀の方ではありません。
当然静岡の方です。
私は兄弟がおりませんので西岡家の家屋敷や我が家の墓を守らないといけませんし、
親戚や両親がお世話になった/なっている皆様方とのお付き合いも大事にしていきたいと思っています。
佐賀にいつまってん帰らんでから何ばいいよっか、と思われるかもしれませんが、
この先の人生設計(シナリオかけるようなもんではないでしょうが)を見据えつつ、
手の届く範囲のことは大切にし、心を尽くしたいと思っております。
母に孝行できなかった分、父には出来る限りのことをしてあげたいです。
このことについては彼女ともっとじっくり話さないといけないなぁと、
今日の披露宴で深く反省させられました。

来月、彼女を連れて帰省します。
佐賀の空気と人心があったかいことをしっかりアピールして、
佐賀に嫁に来てくれるようお願いしたいと思います。

2010.11.24    カテゴリ:  news 

   グループ展

Kazuhiro Talk
グループ展開催のお知らせです。
12月1日より5日まで、
諫早市市立図書館にて
諫早絵画教室受講生の皆様と日本画のグループ展を開催いたします。
父の作品は5点ほど出品予定でおります。
お近くにお住まいの皆様、
よろしければ御足をお運びいただきますようお願い申し上げます。

2010.11.20    カテゴリ:  Diary 

   絵描きの品格、私の品格

Kazuhiro Talk

よく父と品格について話をします。
広くまとめた人としての品格についてではなくて、
父の場合は絵描きとしての品格、私の場合は研究者としての品格。
まあ、親子揃いも揃って品格を語るには青臭すぎるのですが、
それでも日々気にかけていなければ人間というものすぐに道をそれてしまいます。
ですから、父とよく電話や帰省の折に酒を交わしながら
互いの品格をどう高めていくかということについて語らいます。
それには時として頑固なまでの意地張りであったり信念を貫くための辛抱を要すものでしょうが、
できるだけ肩に力を入れず、自然体で淡々とやっていきたいものだと。
さて、絵描きの品格とはなんでしょうか?
父が大学生の頃、京都の師匠に常に投げかけられていた言葉だそうです。
絵描きの品格はそのまま絵に出る。
もちろん答えは一つではないでしょう。
父は父なりの答えをそれなりに見つけ、日々描き続けています。
皆様の御目にはどのように映っていらっしゃるでしょうか?

2010.11.17    カテゴリ:  Diary 

   個展後

Kazuhiro Talk
こんばんわ。
というより、おはようございますという時間でしょうか。
ここのところ研究で昼も夜もない日々です。
一方、個展が終了して2日、父はご購入いただいた絵の配達などその後の仕事を淡々とこなしているようです。

さて、今日は父より差し入れのお菓子が届きました。
お察しの通り、皆さまより頂戴いたしましたお菓子の一部です。
有難いことに毎年おいしく頂戴しております。
故郷から遠く離れて暮らしておりますと、故郷の銘菓はたまらなく恋しいものです。
子供のころ『モナカもう無か、うもうなか』などとダジャレを言ったものですが、
いやいや、佐賀のモナカはうまいのなんの。
大好物でございます。
さすがシュガーロードの鍋島藩!
重ね重ね、おいしく頂戴いたします!
ありがとうございました。




Copyright © Artist of Japanese Painting. Kazuyoshi All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。